本文へスキップ

慶應義塾大学医学部臓器再生医学寄附講座
小林英司研究室
                                                                                    






Please click here to English



総合医科学研究棟(通称リサーチパーク)

共に学ぶ  学生の皆さんへHEADLINE

   慶應義塾では、「半学半教」という、教える者と学ぶ者の分を定めず、相互に教え合い学び合う気風が尊重されています。医師になることに興味を持たれた小中学生のみなさんから、高校生、医学部のみならず各専攻で医学に関わる学生、そして医療関係の仕事に従事される皆様と共に学ぼうという小林からのメッセージと皆様の学びに役立てていただけるようなリンクを用意致しました。

   小林は、これまで先端医学の研究を通じ、高校生や医学系の学生など若い世代とともに「医学に挑む」ことの「困難と夢」を共有しようとしてきました(講演に関する新聞記事一覧)。
   前人未到の「移植可能な臓器を作る」という研究テーマに、今後20年30年という長期間にわたって共に挑む後輩をここ慶應で育てようとしています。(「医学に挑む君たちへ」 )。
   医学生、看護学生、薬学生へ向けて、第9回慶應赤倉アカデミーで講演した内容を英語でご覧いただけます。また、獣医学部の学生へ 向けての講演では、実験動物として生きた動物が犠牲になることの生命倫理も含め講演を行いました。こちらも英語で資料化しておりますのでご覧ください。 同様に工学系の学生には、日本における医療機器開発の遅れの理由を説明した上で、患者さんやその家族の思いを肌に感じながら機械を作るべきであると講演を通してお伝えしました 。
 また、小中学生を対象にした講演も行った際の内容もご覧いただけます。私の医師としての志と生命科学そのものへの興味から研究へ取り組んで参りましたことを「医師を目指したい君たちへ」という文章にまとめました。こちらの内容は広く様々な方にご一読いただけると幸いです。
 ほかにも、医療関係の大学にいる学生こそ臓器移植治療について語り合うべきとしてU-Talk(”U”は、Universityの略)を企画して、共に学ぶ場を設けてきました。また、大きな夢を持つ次世代の若者が学問について自由に討論できる場として、「楽志塾」を開きました。

下記に最近の学生への講義資料を掲載します。

2017年7月5日 琉球大学医学部 M2学年「再生発生学」講義
 テーマ:異種遺伝子交配―アスクレピオスの子供たちへ
 概要:医学のシンボルとされるアスクレピオスは杖を持っています。病める患者さんに医療行為を行う医師は、研究者であると同時に自分が開発する技術を制御すること(杖を持つこと)が必須です。革命的な医療を生み出そうとする幹細胞研究のなかで我々が何を考え研究をしているかを医師の卵として感じてほしい。

バナースペース

小林英司研究室

〒160-8582
東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部
総合医科学研究棟7S4

TEL 03-5315-4090
FAX 03-5315-4089