本文へスキップ

共同研究

電話: 03-5315-4090

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

共同研究の実績(リンク先にそれぞれの研究に関する詳細がございます)
HEADLINE

   これまで小林は様々な大型公的資金を頂き、トランスレーショナルリサーチのモデル開発に取り組んで参りました。特にスクリーニング系としての遺伝子改変ラットと前臨床モデルとしての ブタ実験系の分野では世界に先駆けた研究を行って参りました。

 ここ慶應ではこれらのモデルを用いて国内外の一流の大学や研究所と 共同研究が行われておりますが、産学連携の実践として多くの企業と共同研究を展開しております。小林は、アカデミアだけでなく企業経験も活かし、スピード感をもって製品開発を試みています。
 さらに現在の公的資金による事業は、社会性の高いものを絞り込んでこれまでの知識、技術をもって貢献していく所存です。


共同研究先一覧(順不同)

〈製薬企業〉
アステラス製薬株式会社
株式会社大塚製薬工場
杏林製薬株式会社
塩野義製薬株式会社
武田薬品工業株式会社
ノバルティス ファーマ株式会社

〈診断機器・医療用機器・イメージング機器会社〉
株式会社クラウンジュン・コウノ(河野製作所グループ)
株式会社SCREENホールディングス
株式会社日本医化器械製作所
サンアロー株式会社
シスメックス株式会社
ベルトールドジャパン株式会社

〈再生医療製品〉
株式会社TESホールディングス
株式会社ニッピ
和光純薬工業株式会社

〈実験専用ブタ〉
特定非営利活動法人 医用ミニブタ研究所(ジャパンファームクラウン研究所より継承)
富士マイクラ株式会社
株式会社サンエスブリーディング
オリエンタル酵母工業株式会社
株式会社日本バイオリサーチセンター

 これらの共同研究に関する情報は、国内では講演会等で得ることができます。

 


バナースペース

小林英司研究室

〒160-8582
東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部
総合医科学研究棟7S4

TEL 03-5315-4090
FAX 03-5315-4089